睡眠系サプリの効果的な飲み方

ここ数年、睡眠導入剤のような副作用のある病院で処方された薬ではなく、天然由来の原料を使った「睡眠系サプリ」が注目されています。

睡眠系サプリには、メーカーからもあまりシビアな服用方法や注意は示されていませんが、最大限に効果を発揮させるためには服用に工夫も必要です。

もっとも効果的な睡眠系サプリの効果的な飲み方を考えてみましょう。

睡眠系サプリの分類

たんに「睡眠系サプリ」といっても、製品によって配合されている成分もまちまちです。

使われている成分ごとの特徴をみてみましょう。

トリプトファンなど「アミノ酸系」

トリプトファンを摂取することで体内の「セロトニン」や「ギャバ」などの鎮静物質を増やすサプリです。

ストレスに強い体質をつくり、緊張の持続を改善してくれます。

アミノ酸系の睡眠サプリは、医学的な根拠が明らかで、非常に効果の高いものです。

当サイトで厳選したセロトニン対策サプリメントは以下の記事を参考にしてみてください。

不眠改善に!セロトニンサプリのおすすめランキング

 

民間療法で古くから親しまれた植物・生薬系

世界のハーブティーやクワンソウなどの、古くから人々に親しまれてきた植物から得られる催眠効果や緊張緩和効果成分をサプリ化したもの。

これらは、長年の生活の知恵で「先に効果が実証されて」いて、あとから科学的な裏付けが追いついて注目されるといったものです。

 

またアミノ酸と薬草の両方を配合して効果を高めた睡眠系サプリもあり、即効性と体質改善の両方が期待できるものです。

睡眠系サプリの服用時間

サプリの睡眠効果を活かすためには「いつ飲めばよいのか?」が気になるところです。

トリプトファンなど「アミノ酸系」

セロトニンを増やすことを目的としますので、体質が改善されてしばらく経って眠れるようになります。

トリプトファンからセロトニンへ代謝され、そこから眠りを誘発する「メラトニン」になる連鎖を正常化させる、といったしくみです。

ですから、就寝直前に飲んでもすぐに効果が出るわけではないので、毎日決められた容量を飲む必要があります。

 

民間療法で古くから親しまれた植物・生薬系

ハーブや薬草などの「眠れる効果のある植物」は、飲んでしばらくするとすぐに効果が現れます。

アミノ酸系のサプリとは違い、即効性はありますが、持続時間が短いことも多いので、就寝前の服用が適しています。

 

睡眠系サプリの注意点

このように、あまりシビアに考えなくてもよいところが睡眠系サプリの良さでもありますが、いくつか注意点もあります。

アミノ酸系サプリは体質を改善して不眠症を改善するものですので、毎日服用することが大切です。できれば毎日決まった時間に飲むようにし、習慣づけるようにしましょう。

GABA(ギャバ)が主成分のサプリがありますが、吸収に30分、持続効果が2~3時間と短いので就寝前に飲みましょう。

天然原料のものは、自然界の絶妙なバランスがとれているので、植物などから抽出された原料を使用しているものを選びましょう。

睡眠系サプリは、適切な飲み方をし、体質に合えば睡眠導入剤にも負けないほどの睡眠効果を発揮してくれるものもあります。

副作用や依存症の心配もありませんので、不眠症に悩む方なら試してみてはいかがでしょうか。

【この記事のまとめ】

  • 睡眠系サプリには「アミノ酸系」と「古くから伝わるハーブ・生薬」がある
  • アミノ酸系は服用時間に決まりはないが、必ず毎日服用する
  • ハーブ・生薬系は就寝前に飲む
  • 「ギャバ」が主体となるサプリは就寝前に飲む
  • アミノ酸系サプリは天然由来の原料を選ぶ
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ