眠れないのは枕が合っていないのが原因?(枕の選び方、おすすめの形や素材など)

不眠症で熟睡ができない人は、ストレスを抱えていたり、生活習慣に乱れがあることが多いようです。

しかし、それらに思い当たるフシがなく、それでも良い睡眠がとれていないのならば、今使われている「枕」を疑ってみてはどうでしょうか?

みなさんが考えているよりも、枕が睡眠に与える影響は大きく、「寝つきの良さ」「熟睡度」「睡眠の質」など、これらすべてに枕との相性が関わっています。

睡眠に満足できていない方は、まず自分の使っている枕との相性を調べてみましょう。

枕選びで一番大切なのは「高さ」

高さの合わない枕を使うと、喉の気道が締め付けられて呼吸が思うようにできなくなりますし、無理な体勢になるために首や肩が凝ったりもします。

適切な枕の高さは、後頭部の形や背中の形状によって違ってきます。

お使いの枕は、後頭部から敷布団までの距離が2㎝~6㎝くらい、頸椎から敷布団までが5cm~9cmになるような枕になっているでしょうか?

たいていは高すぎたり低すぎたりしますので、これを調整するだけでも眠りやすさはずいぶんと違ってくるはずです。

また、寝返りをうつときのことも考え、横向きになったときに背骨が曲がってしまわない高さに調整する必要もあります。

枕の硬さで”使い心地”が変わる

頭が大きく重い人は、あまり硬い枕を使うと局部的に重力がかかりしびれたりしますし、柔らかすぎると寝返りがうてなくなり、起きた時に「全身が痛い」などといったことが起きてしまいます。

「寝心地」「姿勢の維持」の折り合いを考えてちょうど良い硬さのものを選びましょう。

頻繁に寝返りをうつ人ならば、関節の健康のために少し硬めのものを選ぶと体調が良くなることもあるようです。

枕の「中材」に求められる条件とは?

昔とは違い、最近ではじつに多くの枕の”素材”が選べるようになりました。

中材の素材にお気に入りのものが見つかれば、それだけで快適になり、深く良い睡眠がとれるようになることもあります。

枕の中材に求められるものには以下のようなものがあります。

  • 熱の放散性
  • 放湿性
  • 型崩れしないかどうか
  • 雑音の有無
  • 衛生的であるかどうか
  • においの有無
  • アレルギーの有無

頭に熱がこもることは健康上好ましくなく、温度管理の基準として昔から言われている「頭寒足熱」があります。
汗をかいてムレることで快適さを失い、途中で起きたりと眠りを浅くしてしまうのです。

素材によってはギシギシと雑音を発したり、臭いが気になり寝つきにくくなる人もいます。

「そばアレルギー」や「羽毛アレルギー」の方は中材選びを慎重にしなければなりません。

新素材のおすすめ中材

枕が睡眠に対して大きな影響を与えることは科学的な研究でも明らかになっています。

現在では、人間工学に基づいた理想的な素材が研究され、新素材もたくさん開発されているので、選択肢の幅も広く、ほんとうに自分に合った枕を探すことも可能になりました。
理想の枕の中材としておすすめな3つの素材です。

  • コルマビーズ
  • エストラマ
  • ラテックス

これらは弾力性、放熱・放湿性、雑音、形状保持の条件をすべてクリアした優秀な素材です。
こういった新素材の詰め物が使われていて、最初に説明した理想の高さと、適度な硬さのバランスが取れると、それが「自分に合った最高の枕」となるでしょう。

「たかが枕・・」とあなどってはいけません。

寝ているときに何度も起きたり、正しい姿勢がとれないことで不快感が持続して眠りが浅くなるのです。

自分だけの理想の枕を探し、原因不明の不眠症を改善しましょう。

【この記事のまとめ】

  • 枕選びにはまず「正しい高さ」を考える
  • 使い心地には「枕の硬さ」が重要
  • 素材(中材)で「快適さ」が変わる
  • 人間工学に基づいた”新素材”の詰め物を選ぶ
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ