不眠症になる原因5つ│眠れなくなる仕組みや対処法とは

不眠症にはさまざまな原因がありますが、睡眠のメカニズムは複雑で、一般的にはあまり知られていないこともたくさんあります。

自分の不眠症の実態が分からなければ対処のしようもありませんし、的外れな方法ならば逆に悪化してしまうこともあるのです。

このページでは、不眠症の中でもっとも多い原因を5つ厳選してみました。

合わせて、眠れなくなる仕組みや対処法も書いていますので参考にどうぞ。

1.精神的なストレス

慢性的な不眠症の原因で最も多いのが精神的なストレスです。

会社や学校、家庭での人間関係で悩み事があると、就寝時に十分にリラックスすることができず、眠りにくくなります。

これは、悩みや怒り、後悔、不安、緊張などの感情が「ノルアドレナリン」という興奮ホルモンを分泌させてしまうためです。

しかし、精神的な悩み事はすぐに解決できないので、リラックスできる時間をつくったり、ジョギングやウォーキングなどで汗を流してストレスを発散するなどの工夫が必要になります。

2.昼夜逆転の生活

人の睡眠は朝起きて夜眠るようにできています。

そのため、夜に勤務をする仕事をされている方はどうしても不眠症になりがちです。

睡眠は「メラトニン」という睡眠誘導ホルモンによって開始されますが、昼夜逆転の生活ではうまく分泌されません。

太陽の光を遮断して照明を暗くするなど部屋や寝室に一工夫して、「夜の雰囲気」を作ってみましょう。

メラトニンは光によって抑制され、暗くなると分泌されますので、眠る数時間前から徐々に光を当たらないよう減らしていきましょう。

3.不安定な睡眠時間

睡眠はいくつかのホルモンによって支配されています。

メラトニン、そして起きる時にはセロトニンやコルチゾールという覚醒ホルモンが分泌されて全身を活動状態にしてくれます。

この「コルチゾール」には独自の周期があります。

起きた時間にリセットされ、そこから新たな周期のカウントを始めて24時間後にまた分泌する性質なのです。

そのため、仕事が休みの日にいつもより遅い時間まで眠ってしまうと、その時間から新たにリズムをスタートさせてしまうので、翌日は覚醒ホルモンが分泌する前に起きなくてはならなくなり朝が辛くなります。

こういったリズムの狂いが他のホルモンにも影響を与えてしまい、眠らなけらばいけない時間に眠くならなくなってしまうのです。

コルチゾールを含めたいくつかのホルモンや体温リズムなどを組み合わせたものを「生体時計」と呼びます。

コルチゾールを安定させるには、たくさん眠れる日でも少ししか眠れない日でも”同じ時間”に起きる習慣をつけることが大切です。

4.自律神経のバランスの狂い

自律神経は、身体機能全体の”緊張と弛緩”の切り替えスイッチのような役割で、「交感神経副交感神経」から成り立っています。

休息をする睡眠時には弛緩していなくてはならず、副交感神経が優位な状態が理想です。

自律神経はさまざまな要因で狂うことがあり、心身のストレス、生活環境やホルモンバランスなどにも影響を受けます。

この狂いが大きくなると「自律神経失調症」になり、スイッチの切り替えがうまくできなくなります。

就寝時に睡眠ホルモンなどは分泌されているのに、それを全身に伝える自律神経が狂っていると、いつまでも身体が興奮した状態になり眠ることができなくなるのです。

自律神経失調症は脳内ホルモンの異常で引き起こされることが多く、脳内ホルモンを活性化させる栄養素を食事やサプリメントで補うことで克服できる場合があります。

5.食生活の悪化

睡眠に食生活が深く関係していることはあまり知られていません。

しかし睡眠を支配する脳内ホルモンは、食事からの栄養素によって体内で合成されているのです。

とくに心の平常心を保つための「セロトニン」は最重要な物質であり、セロトニンから代謝したのが、睡眠誘導物質である「メラトニン」なのです。

セロトニンの他に脳内ホルモンを沈静化させる物質に「ギャバ(GABA)」があります。

未精製の玄米や麦などの穀物に多く含まれますが、最近はあまりこういった食品を口にしないために不足しがちな栄養素です。

セロトニンと同じように、脳の興奮を鎮める大切な物質ですので、サプリメントや健康食品で十分に摂取することを心がけましょう。

参考:不安やリラックス不足からくる不眠改善にはギャバが効果的│高配合のサプリメントは?

おわりに

このように、睡眠は眠っている時だけのものではなく、むしろ起きて活動しているときの状態が大きく影響しています。

ですから、自分の不眠症の原因を見つけ出すには、日中の生活すべてをチェックする必要があるのです。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ