眠れる体質に変わる方法~リラクゼーションとサプリメントの活用~

不眠症で悩む人にはある共通点があります。
それは、布団に入るときに「身体が興奮状態」になっているということです。

興奮しやすく、ストレスをうまく解消できない人は『眠れない体質』なのかもしれません。

人間の体には多くの神経が張り巡らされていますが、意識せずとも働いている「自律神経」というものがあります。
呼吸や内臓の動き、消化や代謝など、生命を維持するために「自動的にはたらく」のが自律神経です。
自律神経は睡眠にも大きく関わる大切なものなのです。

自律神経は交感神経と副交感神経の2種類が組み合わさって、緊張と弛緩を絶妙なタイミングで切り替えて作用しています。
人が眠る時には副交感神経が優位になってはたらき、体の機能をクールダウンさせて眠りに誘います。
このとき、心と体が興奮・緊張してると眠れない状態になってしまうのです。

眠れない体質を改善するには「リラックス」することが基本

人は副交感神経がはたらいて眠くなりますので、眠れない体質の人が心がけなければならないのは「リラックス」することが基本となります。

もし悩み事やストレスなど、心の問題が不眠症の原因ならば、その原因を解決しなければいけませんが、それが簡単にできるのなら苦労はしません。

それでも毎日を健康に生きるためにはきちんと眠れなければなりません。
少しでも工夫して交感神経の興奮を抑える方法を試してみましょう。
興奮がおさまってくると自然に副交感神経が優位になり、リラックスした状態になるでしょう。

不眠に効果的なリラクゼーション法

リラクゼーションには「静的」なものと「動的」な方法があり、静的なものには以下のようなものがあります。

  • アロマ
  • 半身浴(入浴)
  • ホットミルクなどのドリンク
  • 音楽

これらはモノを使って静かな時間を過ごし徐々に気分を落ち着ける方法です。
これとは逆に、積極的に身体を動かして緊張を取り去る動的な方法が以下です。

  • 坐禅などの呼吸法
  • ストレッチやヨガ、ピラティスなどの体操

凝り固まった筋肉をほぐすにはゆったりと動かすことが効果的ですが、あまり激しくしないよう注意しましょう。
運動後30分ほどすると緊張がほぐれて副交感神経がはたらき始めます。

こういった方法を習慣づけることで、徐々に眠れない体質から眠れる体質に変わっていくはずです。

リラクゼーションとサプリメントでW効果

緊張の原因は交感神経の高ぶりですが、その原因となるのは神経伝達物質である「ドーパミン」や「ノルアドレナリン」の過剰な反応です。

近年売られているサプリメントの中には、神経伝達物質のメカニズムから科学的に考えられた優れた商品もあります。

眠たくなる成分と、ドーパミンやノルアドレナリンなどの興奮物質を抑える栄養素の両方が配合されているものを選ぶとW効果が期待できます。

現在日本で売られている不眠改善サプリは、古くから民間治療薬として親しまれていた天然成分と、緊張緩和に効果的な栄養分の両方を配合したものが主流です。

中でも、セロトニンサプリのおすすめランキングでご紹介している『マインドガードDX』には、心の安定をもたらす効果が期待できる成分が豊富に含まれており、不眠症のほか、緊張や不安、ストレスに悩まされている方に人気があります。

ぜひチェックしてみてください。

セロトニンサプリのおすすめランキング

おわりに

睡眠は元来「自然に訪れるもの」です。
精神科やクリニックで処方される睡眠導入剤は「すぐに眠れる」といった即効性はありますが、体質を改善しなければ薬に強く頼ってしまい、日に日に服用量が増えてしまう危険性もあります。

この状態は間違いなく依存症であり、逆に自然な眠りを遠ざけてしまう結果となります。

熟睡できる毎日を送り、眠れる体質に戻すには体質改善が必須です。
日々のリラクゼーションと副作用の心配の少ないサプリメントの併用で安全な体質改善を目指しましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ