市販で手に入る睡眠改善薬の種類と効果、副作用について

ある日突然眠れなくなることは誰にでもあります。

しかし、翌日の会社や家事のことを考えると眠らないわけにもいかず、イライラしてどんどん眠りから遠ざかる・・

非常につらい症状ですし、こういったことがたびたび起きると本当の不眠症になってしまうことだってあるのです。

でもこれくらいのことでわざわざ病院にいって本格的な睡眠導入剤をもらうのには抵抗を感じる人も多いでしょう。

現在はこういった軽い不眠症状のために、ドラッグストアなどでも購入できる一般市販薬に『睡眠改善薬』というものがあります。

「睡眠改善薬」とは?

OTC医薬品(オーバーザ・カウンター医薬品)は薬局で買うことのできる医薬品のことです。

「自分で選べる」「薬剤師のアドバイスがもらえる」などが病院処方の薬とは違うところで、比較的薬効成分が少なく穏やかな効き目のものです。

現在睡眠改善薬として売られているOTC医薬品は抗ヒスタミン製剤である「ジフェンヒドラミン」を主成分としたものが主流です。

風邪薬にも使われる副作用の少ない成分で、突発的に寝付けなくなった時の”眠るきっかけ”として効果を発揮します。

脳の興奮を抑えるジフェンヒドラミンの効果と特徴

ジフェンヒドラミン塩酸には脳の興奮を抑える働きがあります。

「セロトニン再取り込み抑制作用」といい、これは抗うつ薬の働きと同じもので、脳と中枢神経の興奮と緊張を抑えて睡眠に誘導してくれるのです。

眠りに入った直後の「ノンレム睡眠時」にのみ有効とされていますので、夜中に目が覚める、熟睡できない、などといった症状の方には向きません。

市販睡眠改善薬の副作用

ジフェンヒドラミン塩酸を使った睡眠改善薬は、病院で処方される睡眠導入剤に比べると副作用は非常に少ないのですが、人によっては症状が現れることもあります。

・口渇
・心拍数増加
・尿閉(尿が出にくくなる)
・便秘
・かゆみ
・短期的な記憶喪失

などが代表的ですが、非常に軽度なものです。
自分の体質や体重に合わせて服用量を微調整するとよいでしょう。

市販睡眠改善薬の主な製品

◎ドリエル(エスエス製薬)

◎ネオディ(大正製薬)

◎リポスミン(皇漢堂製薬)

◎マイレスト

◎ナイトール(グラクソ・スミスクライン)

◎アンミンナイト(ゼリヤ新薬工業)

◎リポスミン(リポスミン)

おわりに

抗ヒスタミン製剤は副作用も少く、医師の処方が要らない安全な睡眠薬です。

しかし抗ヒスタミン製剤でも、次のような症状が表れた場合は服用を止めて精神科などの専門医に相談したほうがよいでしょう。

・夜中に何度も目覚めてしまう
・効き目が弱くなり服用量が増えてきた
・熟睡した感じがしない
・毎日飲まないと眠れない

こういった症状は一般市販薬では改善できずらいのです。
あくまで「応急処置」として時々服用するような使い方を心がけましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ