不眠症とうつ病の違いとは?

不眠症は大別すると自律神経失調症に分類されます。

精神的、身体的な要因で引き起こされる、心や神経の部分が深く影響する症状で、うつ病とも深く関係していることが知られています。

精神疾患は数値に現れにくい病態であり、実態をつかみにくい性質があるために、うつ病と不眠症を同じ疾患として認知する方もおられますが、本来は別のものです。

うつ病とは?

うつ病の定義付けは難しく、研究が進みにつれて変化もします。

現在知られているうつ病のメカニズムは、「脳の神経伝達物質の中の数種類が欠乏した状態である」ということです。

神経伝達物質のうち、多くの伝達物質を制御する役割があるセロトニン、そして人のやる気や行動の原動力となるノルアドレナリンのバランスに異常が現れることでうつ病は発症すると言われています。

うつ病の原因としては遺伝、環境、性格があるといわれていますが、これらが複雑に結びついていることもあります。

神経伝達物質のノルアドレナリンがストレスにより長期間にわたり放出されることで、脳はついに「白旗を上げる行為」をします。

そして『オピオイド』という脳内麻薬を分泌をはじめ、それは痛みや辛さなどを軽減させる効果がありますが、闘うこと、反抗すること、行動すること、逃避することすらしない、完全に「受け身」の状態をつくりあげるのです。

オピオイドが分泌される状態として、自然界で草食動物が肉食動物に捕食される時に分泌されることで有名であり、オピオイドは被捕食者の「最期の救い」として分泌されます。

アヘンの数十倍の麻薬効果があり、いくら体内で分泌されるものであっても依存性があり、長期間オピオイドが断続的に分泌される状態になると、オピオイドが分泌されない時に自らを危険にさらしてオピオイドを産生させようとする行動をとろうとします。

これがうつ病患者の自傷行為や自殺であると考えられています。

うつ病の症状には、

  • 憂鬱感
  • 不眠症状
  • 楽しみや喜びを感じない
  • 普段なら嬉しいが起こっても楽しめない
  • 趣味など好きなことが楽しくない
  • 倦怠感
  • 思考が停止してしまう
  • やらなければいけないことができない
  • 人と会うことが辛い
  • 悲しいことが起きても何も感じない
  • 自傷行為
  • 自殺

などがあり、「うつ病型の不眠」その中の症状の1つです。

『うつ病の不眠』と『不眠症』の違い

精神科や心療内科などで「不眠症」として診断する場合は「うつ病ではないこと」も診断基準として考慮されることから、単なる不眠症とうつ病と併発する不眠症は別のものとして考えられます。

実際に不眠症患者には前述のオピオイドの分泌は見られず、同じ神経伝達物質の異常でありますが、不眠症の場合に注目されるのは睡眠ホルモンのメラトニンやセロトニンのほうです。

しかしストレスを受けた時に放出されるノルアドレナリンの過剰放出が原因でそれを抑制するセロトニンが枯渇状態になる部分は共通しています。

うつ病になるかどうかは、その不眠症が現れた後の状態によります
実際に悩み事や環境的なストレスがない不眠症であっても、その後の経緯でうつ病が発症する例は少くありません。

うつ病になれば専門医の治療が必要になります。
そのため、自分の睡眠障害がどういったレベルにあるのかは知っておくほうが良いでしょう。

『不眠症』と『うつ病による不眠』の症状の現われ方の違いには、以下のようなものがあります。

眠りが浅かったり、予定時間より早く起きてしまった時

不眠症の場合は調子が悪くても取り敢えず布団からは出て活動しますが、うつ病では布団からでることすらできず、何時間も悶々とした時間を布団の中で過ごします。

寝付けずに朝目覚めた時の状態

不眠症の場合は寝付けなくても取り敢えず体の休息はしているので、朝は調子がいいですが、夜になるに従い睡眠不足の兆候がでて疲れ出します。
これとは反対にうつ病の場合は朝が一番辛くて夕方以降になるに従い元気を取り戻していきます。

たまに熟睡できた時

不眠症ではたまに長時間眠ることができれば、全てが解決したかのような晴れやかな気分になりますが、うつ病の場合では睡眠の質自体が非常に悪く、長時間目覚めなかったとしても脳は休息と整理が不完全ですっきりした気分にはなりません。

こういった違いを参考にし、不眠症なのか、それともうつ病なのか、自分なりに判断をしてみるのもいいでしょう。

【まとめ】

不眠は脳内の伝達物質のメカニズムが深く関わり、不眠症、自律神経失調症、うつ病、躁うつ病、生活習慣病にまでその影響は及びます。

思い当たる節がある場合は、症状が悪化する前に早めに何らかのアクションを起こしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ